レディ

目の下のたるみは美容液で改善|スッキリスキン

グラデーションで映える

化粧品

プチプラも使い方次第

プチプラコスメのアイシャドウの中でも、自然でいて、立体的に魅せるベージュは大人にも人気カラーです。くすみがちな瞼をトーンアップさせ、仕上がりは至ってナチュラルです。年齢を重ねた目元に必要なメリハリ感や、彫りの深さを押さえるにはグラデーションを作り出すコスメ選びがカギです。可能ならば、次に使う色が映えるライトカラーと、陰影をつけるアクセントカラーのアイシャドウ2色以上の使い分けが適しています。プチプラコスメも大人に映える色選び1つで、理想とする若々しさある目元の表情を手に入れることに期待できます。例えば、自然でありながらも女性らしいのはブラウン系で、瞼にハリ感を出すにはパールや濡れ感のあるクリームタイプを選択します。大人のアイメイクで瞼の緩みの悩みを一番に挙げる人は意外と多く、そのための改善コスメ選びではダークな色のアイシャドウが適しています。目のフレームを際立たせることで、シャープなラインをキープできます。ワンポイントアドバイスとして、少量ずつ指やチップにとって、何度も瞼に乗せると、かえってムラやくすみの原因になるため、最後にブラシでぼかすテクニックを使います。プチプラコスメでは単色でラインナップされているパターンが多く、濃淡グラデーション作りとなる陰影をつける方法も、瞼によっては重要となります。女性の瞼も一重や奥二重など、コンプレックスを抱えているケースも少なくありません。こうした瞼に寒色系が選ばれがちですが、陰影によって、あらゆるアイコスメを楽しめます。単色使いはのっぺりとした印象になりがちで、平面的な瞼に立体感を出すには目尻側に、くの字を描くようにアイシャドウを乗せるだけで印象の変化が楽しめます。