レディ

目の下のたるみは美容液で改善|スッキリスキン

化粧水を浸透させるには

ウーマン

角質層を柔らかくする

スキンケアはいつまでも肌を美しく保つために毎日しなければならないものです。乾燥肌の人は、乾燥肌を悪化させないためにスキンケアで保湿をすることが大切になってきます。乾燥肌を改善するためには、化粧水の水分や美容エキスを深層部までしっかり浸透させる必要があります。化粧水を浸透させる方法は難しいことではなく、すぐにでもできます。簡単なのがホットタオルを使う方法です。ホットタオルはタオルを水で濡らして軽く絞り、電子レンジで1分ほど加熱すると出来上がります。洗顔後、スキンケアをする前に、顔をホットタオルを当てて温めると、毛穴がが開き、角質層が柔らかくなります。そのあとに化粧水をつけてスキンケアをすれば、浸透しやすくなります。いつもよりもぐんぐん浸透するので乾燥しがちな肌におすすめです。また、美容スチーマーがある場合は、美容スチーマーでも代用できます。スチーマーから出る水蒸気の粒子は、普通の湯気よりも細かいので、さらにきめがふっくらと整います。コットンパックも角質層に化粧水を浸透させる方法の一つです。コットンに化粧水をたっぷり含ませて、顔の上に乗せるだけで浸透します。その上からラップをすると、化粧水の水分が蒸発するのを防ぐことができます。コットンパックをしすぎると乾燥肌が悪化するので、5分位にとどめるのがポイントです。また、コットンパックをした後は、乳液やクリームを塗って肌を保湿することが大切です。